HISTORY

Cape HEIGHTS(ケープハイツ)は1990年アメリカ北東部のニューイングランド州で設立されたファクトリーから始まりました。当時のアウトドア市場をリードするEastern Mountain Sports、L.L.Bean、Coloradoなどアメリカの名だたるアウターウェアブランドの生産を手がけていましたが、設立当初の90年代初頭アメリカは空前のアウトドアブームとなり産業が急激に成長し、大量生産のモノづくりにシフトした事で問題も生まれました。大量生産によって機能・品質が低下していく市場の商品は、これまで海、山、自然を愛するライフスタイルを中心に提案してきた小売店にとっては満足のいかないものでした。またそれはCape HEIGHTSの職人達にとっても同じことでした。そこで職人達は市場の声に応えるべく長年培ったノウハウを詰め込んで、1994年に自分達のブランドCape HEIGHTSをスタートさせました。

Cape HEIGHTSというブランド名は「海岸」を意味する’Cape’と、「山」を意味する’Height’から成っています。これはそれぞれ、マサチューセッツ州の東端を形成する半島・ケープコッドと、アメリカ東北部からカナダまで連なる丘陵・アパラチア山脈を指しています。またブランドロゴの特徴的な三角形は、ケープコッドの海岸とアパラチア山脈そのものを表しています。

ブランドが始動した当初、ニューイングランド州の冬の厳しい環境にも耐えられるように、ブランドロゴの形でもあるケープコッドの海岸からアパラチア山脈の道まであらゆるシチュエーションでのテストを重ね、そのフィードバックをもとに製品の開発に取り組みました。ブランド名の由来にもなったこの開発過程を経て誕生したCape HEIGHTSは、最高級の機能性、環境に配慮した素材選び、革新的なファブリックを兼ね備えています。

Cape HEIGHTSは年間着用できるトータルライフスタイルブランドですが、当時のノウハウが詰まった特徴的なアイテムとしてはダウンジャケット、フリースジャケット、マウンテンパーカーが挙げられます。従来のアウトドアブランドの無骨なイメージから脱却すべく、特にダウンジャケットは機能性をキープしたままなお且つジャケットの上からダウンを羽織ってもスタイリッシュさを損なわないダウン量とシルエットを繰り返し調整し、テストを重ねた結果から導き出されています。

近年ではダウンジャケット、フリースジャケット、マウンテンパーカーの他にもシャツやパンツなどを含むタウンユースで最大限活用できるバラエティに富んだコレクションをリリースしており、Cape HEIGHTSは機能性とファッション性を両立させた、まさに洗練されたライフスタイルブランドといえます。