HISTORY

世界中から得たインスピレーションを確かなテーラリング技術で最新型のメンズウェアに仕立て上げるUKブランドFAR AFIELD (ファー アフィールド)。

ポップとトラッドの要素を掛け合わせた新感覚のコレクションは、シーズン毎のテーマに沿ったオリジナルのプリント柄が特徴です。

雨の多いイングランドの街、遠く離れた南国の風景、ローカルからグローバルなモチーフを取り入れています。

FAR AFILEDは2016年、マンチェスターで生まれ育ったMark ScholesとChris Scholesの兄弟によって創設されました。

彼らはメンズウェアのデザイン、生産、販売の分野で10年以上の経験を持ち、それぞれ別の会社でキャリアを積んだのち、2014年に二人でブランドを立ち上げることを決心しました。

2年の構想を経て生まれたFAR AFILEDは、全ての商品が高い品質であること、エシカルであることを大切にしています。

とりわけシャツに強いこだわりがあり、通常のコレクション以外にもシャツのビスポークサービスを展開していることもテーラリング技術への自信の表れです。

また、AW18のコレクション’Cotton town’では、2017年にテロ被害に遭った地元マンチェスターに思いを馳せ、一部アイテムの売上の50%をテロ被害支援基金 ’WE LOVE MCR Emergency Fund’ へ寄付しました。

着る人の個性を際立たせること、ブランドとして社会に貢献すること、この双方への情熱がFAR AFIELDのアイデンティティといえます。