HISTORY

イギリス王室や日本の皇室などのロイヤルファミリー御用達の傘としても知られるフォックス・アンブレラの歴史は、 1868 年、ヴィクトリア朝の時代にトーマス・フォックスが傘屋としてロンドンに Fox Umbrellas 社を創業したところから始まります。

創業のおよそ 12 年後にトーマス・フォックスはサミュエル・ディクソンに経営権を譲渡し、その後はディクソン家の手によって世界的に有名な傘のブランドとして発展していくことになります。
1880 年代に入ると Fox Umbrella Frames Ltd 社を経営するサミュエル・フォックスがスティールを使用した傘用フレームを開発。クジラの骨を使用するというスマートとは言い難い代物だった当時の傘の製作に変革をもたらせます。

Fox Umbrellas 社でもいち早くこのフレームを導入し、第一次世界大戦後、サミュエル・ディクソンの息子が事業の運営を引き継ぐと更なる商品の品質向上に力を注ぎ、日本やアメリカなどの海外市場への進出も果たしました。

また、第二次世界大戦中にパラシュートの製造に携わった経験を活かし、ディクソン家は当時使用されていたシルクに替わり傘製作にナイロン素材を導入、画期的なこの手法は、1946 年にロンドンのビクトリア&アルバート博物館で開催された「Britain Can Make It」展で一般に公開され広く知られるとことなります。

同年、サミュエル・ディクソンの孫に当たるジューン・ディクソンがビジネスに加わり、手作りの伝統を守りながらも新たな生産手法を導入し、現在に至るまで更なる発展を遂げていきます。