HISTORY

モーターサイクリスト達に親しまれたイギリスの老舗「James Grose」

英国製の 2 輪が栄華を極めていた時代に多くのモーターサイクリスト達のバイクライフを支えた「James Grose」、そしてその自社ブランド「Jagrose(ジャグロース)」

その名は、1950 ~ 1960 年代のイギリスで代表的な 2 輪誌の1つであった「The Motor Cycle」の広告でも頻繁に目にすることのできるメジャーなブランドでした。

ジェームス・グロースの起源は 1876 年のロンドンまで遡ります。

19 世紀末から 20 世紀にかけてモーターバイク、パーツのディーラーとして成功を収め、特に “Grose-Spur” と呼ばれるシンプルな構造の 120 CC のバイクは、第一次大戦の人手や資源不足の中でも製造や原材料の調達のしやすさなどから大変良く知られたモデルとなりました。

UK モーターサイクル全盛期には、ジェームス・グロースはモーターサイクリストのウェアやアクセサリーを扱うリテーラーとして発展し、1950 年代には、スポーツ用品全般を取り扱うロンドン有数のデパートメントストアとして親しまれました。

その後、ロンドンのメインロードのユーストンロードとグレイトポートランド・ストリートが交差する地にランドマークとして長らく君臨したジェームス・グロースもイギリス全土を覆った経済停滞の波には抗えず、1971 年にそのヒストリーの幕を閉じました。

一旦その歴史に幕が下ろされるとほとんど忘れられた存在になっていたブランドに転機が訪れたのは 2013 年の事でした。

2013年に復活するきっかけとなったのは、工場に保管されているジェームス・グロースのヴィンテージ。モデルは不明だが、1950年代という昔の1着にもかかわらず、素材の質の高さや昔の1着とは思えないほど完成度の高い製造技術でした。現在はロンドン市内唯一と言われる、モーターサイクルジャケット専門ファクトリーで製造をしています。大工場かと思いきや、今でも家族経営をしているのです。

ブランドがたどってきた歴史や、1着1着に込められた職人の想いを多くの方々に伝えていければと思っております。