TOPICS

2020.11.10

Cape HEIGHTS PEOPLE VOL.2信太美月(バリスタ/モデル)

ケープハイツが今年掲げたテーマ「30周年、かつてないほどの熱量とともに」。本企画では “熱量”をキーワードに、様々な業界で自分らしい表現を続ける人物へインタビュー。お仕事にかける想いや、モチベーションの保ち方など輝くためのヒントをうかがっていきます。

 

バリスタとして店頭に立ちながら、モデルとしても活躍中の信太美月さん。

プライベートではなるべく自然に触れる、という彼女とケープハイツの接点とは。

 

■お仕事について

 

 こだわりの強いファンにも気に入ってもらえる一杯を 

「コーヒーは好みなので、自分の好みはさておき一般的に美味しいと思うであろうところを目指して淹れなければいけません。同じ豆で淹れたとしても天気や湿度によって味が違って感じたりするので、毎日お店のオープン1時間前から、コーヒーの味の調節をします。タンピングといって、フィルターに詰めたコーヒー粉を押し固める作業があるのですが、この力加減が変わるだけでも気づく常連さんもいたりして。毎回同じ動作が求められるし、看板を出したりマメを運ぶのがなかなか力のいるフィジカルな仕事なので、オンタイムではどうしても動きやすいアイテムを選んでしまいます。あと、お店の中と外で温暖さが激しいので、お洒落でサラッと羽織れて暖かいアウターは嬉しいです。」

 

■ケープハイツについて

 

アウトドアなプライベートでも、アーバンなシチュエーションでもオシャレに活躍 

「週に1度は海や山など、自然に触れるようにしています。父がプロサーファーだったこともあり、小さい頃から親しんでいたから、そういう環境に行くことで心が安らぐというか。“疲れているときこそ海に行こう”っていう感じで、行って犬と遊んでいるだけのときもあるくらい。今日のダウンは首元までしっかりと閉まって暖かいんだけど、シティにも着ていけるオシャレなところがすごく良い、と思って。色は普段、ブラウン系のアイテムが多いので合わせやすいベージュを選びました。そういえば最近キャンプもはじめたんですが、やっぱり外で淹れるコーヒーって最高に美味しいですよね。」

 

かつてない熱量とともに

 日常に溶け込むコーヒーを突き詰めながら、様々な経験を積んでいきたい

ラテストには毎日通ってくれる人や、毎週何曜日に寄ってくれる常連さんがいたり。そういう、みんなの“日常の中の一杯”をいつもの味にしなくちゃいけないんです。特に私は焙煎という、バリスタの手前の作業もしているので、クオリティコントロールには常に気を使っています。今年ラテストは2つの新店舗をオープンして、より一層仕事に向き合うことが多くなっているのですが、プライベートでは“新しい経験”っていうのに結構貪欲。最近はYouTubeで動画配信をはじめたのですが、お店の時間外で撮影から動画チェックと、思っていたより大変で…。でも、バリスタという仕事だけじゃない格好良くない私もいて、満遍なく見てもらいたいと思っているので頑張ろうかなと。海外の文化にも興味がありますね。コーヒーの文化はもちろん、語学ももっと上達したいし。将来的には、子供を連れてでも海外に住むような経験をしてみたいなと思っています。」

 

(クレジット)

Womens LYNDON Jacket(MUSHROOM)S ¥54,000(tax in)

 

 

PROFILE

信太美月

全バリスタが女性で、コーヒーとトーク、きめ細やかなサービスを提供するカフェ[LATTEST]表参道本店で生豆の仕入れや焙煎から手がける店長兼バリスタ。またモデル・タレントとしても活躍中。最近では自身のYOUTUBEチャンネルも開設。

Instagram @shidamizuki

 

INFORMATION

LATTEST OMOTESANDO ESPRESSO BAR

(ラテスト オモテサンドウ エスプレッソ バー)

住所_東京都渋谷区神宮前3-5-2

営業時間_10:00~19:00

定休日_年中無休

TEL_03-3478-6276

https://lattest.jp/