TOPICS

2020.12.25

Cape HEIGHTS PEOPLE VOL.3 森本 晋太郎(お笑い芸人)

「30周年、かつてないほどの熱量とともに」という、テーマを掲げ一変する世界情勢の中にあっても諦めずに常に進化を志す『ケープハイツ』。テーマに込められている“熱量”をキーワードに、各業界で自分らしく活躍する方々にインタビューを敢行する企画。

いま注目度上昇中のお笑いトリオ:トンツカタンのツッコミ担当・森本さん。

 

改めて知ったお客さんの存在、 今まで誰も見たことのないネタを作りたい 

 

「ネタは基本的に僕が書いていて、常に『今まで誰も見た事のないもの』を作ろうと心掛けています。『こうきたら、こうくるんでしょ?』みたいな予定調和は裏切っていきたいですね。インターナショナルスクールに通っていたのですが、自由で多様性を重視する縛られない環境が、もしかしたら今のネタ作りにも生きているかもしれません。僕が作ったコントで、見ている人の脳みそをイジくりたいっていう気持ちはありますよね。今回、新型コロナの影響で初めて無観客ライブを経験したのですが、全然面白くなくて。出演者全員がずっとスベってるような雰囲気というか(笑)。“あぁ、ライブってお客さんがいてはじめて完成するものだ”って改めてお客さんの存在の大きさに気付かされました。」

 

機能性を重視した都会的なシルエットの軽量ダウン

 

「ダウンやアウターで良いモノを探そうとすると、とにかく分厚い印象がありました。ただ『ケープハイツ』のそれは軽くてスマートで格好良いですよね。ポケットの中も、フリース素材になっていたりして、本当に温かいです。 僕はステージ衣装に青色のグラデーションシャツを着ているのですが、これがなかなかに不評で(笑)。逆に、そこでイジられるキャラになったのはありがたいのですが、今回は普段あまり着ることがない明るいオレンジに袖を通してみました。ちなみに私服では、割とシンプルな色を選ぶことが多くて。ツッコミって“人を静止する”役割なので、視覚的にもプレーンな印象の方が良い、と心の中で勝手に思っていて。少し考えすぎかもしれないですけど(笑)。」

 

世界と繋がれるYoutubeの可能性笑いで悩みやマイナイスの感情をゼロに

 

「笑っている瞬間って、全ての悩みやマイナスの感情が一旦ゼロになる。それってめちゃくちゃスゴイことだと思っていて。本質的には何も解決できていないのですが、僕らの笑いで少しでも前向きになるような、きっかけにしていただけたらと思いながら芸人をしています。 “少しでも多くの人に笑っていただく”意味では、YouTubeに可能性を感じています。メディアに出させていただくときに、僕らのことを気になって調べてくださる方へのタッチポイントとして重要なのはもちろん、劇場に足を運びにくくなっている最近では『YouTubeを見て初めて知りました』とファンになってくれる方も増えています。チャンネル登録や視聴数など数字で可視化されるのでモチベーションにもなっていますね。何より、こんなご時世だからこそ家の中から世界中に、ネタを自由に発信できるのは有難いです。」

 

(アイテムクレジット)

Cape HEIGHTS  Men's Lutak / Clematis

 

PROFILE

森本 晋太郎(トンツカタン)

 

プロダクション人力舎所属のトリオ芸人「トンツカタン」のツッコミを担当。インターナショナルスクールを卒業し、得意な英語を生かかしたネタをインスタグラムにアップしている。Instagram_@smnypktn

Twitter_@oishiikabegami

■INFORMATION

プロダクション人力舎

http://www.p-jinriki.com/talent/tontsucatan/

 

トンツカタンOfficial YouTube Channel

https://www.youtube.com/channel/UCZJfPJnc9a3tq9V1HSq3d5w

 

森本ドキュメントTV

https://www.youtube.com/channel/UCth_ZNzyqjeKcd5YC3xNe9Q/featured

 

おこたしゃべりチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCy0YgWM-nF-KrlDx_e1To2g