TOPICS

2021.03.02

Cape HEIGHTS SS 2021 collection

 ニューイングランド地方のロードアイランド州を象徴する

 マリンスポーツのアクティブな世界観を表現したコレクション

 

 
  Cape HEIGHTSのSpring / Summer 2021 collectionコレクションにインスピレーションを与えたのは、創業の地でもあるアメリカ・ニューイングランド地方のロードアイランド州で盛んなマリンスポーツです。

州南東部に位置する港湾都市ニュー ポートは、外海と風から守られた穏やかな入り江に開けている街で、夏の海岸線はヨットやボートに埋め尽くされるほどです。

 

彼の地は1990年代にニューヨークに住む大富豪たちがこぞって別荘を建てた場所で、広大な敷地に建つ石造りの豪邸の多くは海際にまで美しい芝生に覆われた敷地が伸びている、風光明媚な場所として知られています。彼らのほとんどはヨットを楽しみのひとつでした。そして当時、ニューポートで行われていたのが、英国を起源に持つ世界最古の国際ヨットレース「アメリカズカップ」。洒落者としても知られる第35代アメリカ大統領のジョン・F・ケネディも、そのレースを観戦していた様子が写真に残されています。

そして州南部にある海岸町、ナラガンセット・ビーチはサーフスポットとしても有名であるなど、ロードアイランド州はそのほかにウィンドサーフィンやフィッシング、カヤックなど、マリンスポーツが盛んで、夏に向けてたくさんの人々で賑わいます。

 

 

Cape HEIGHTSの2021Spring/Summerコレクションでは、そんなアクティブなマリンスポーツの世界観を表現したデザインや機能性を見て取ることができます。最もそれを象徴するのが、セリングジャケットやフィッシングジャケットです。また、メンズであれば「SOLVERSTON JACKET」や「KAYMER RAIN JACKET」が、ウィメンズであれば「MILESTONE JACKET」や「TYLA RAIN Jacket」などの新モデルも登場します。またアクティブユースに耐えられるように頑丈な「CRINKLE NYLON」や「RIPSTOP NYLON」という新しい素材使いや、持ち運びできるように畳んで収納できる仕様を採用しています。そして何より、爽やかなグリーン系の「SEAMIST」をキーカラーとしながら、「SAND」を中心に、定番カラーである「BLACK」「OLIVE」「MUSHROOM」を展開していきます。

 

今シーズンのメインビジュアルで着用したモデルは、メンズが「SOLVERSTON JACKET」、ウィメンズが「OGEMA PARKA」です。前者はいかにもセーリングジャケットを彷彿するもので、高密度ナイロン生地を使った後者はルーズなシルエットとモッズパーカに見られるフィッシュテールが特徴です。どちらもCape HEIGHTSらしいアウトドアのデザインや機能をベースに、今期のテーマを巧みに落とし込んでいます。