TOPICS

2021.09.22

Autumn Winter 2021 Cape HEIGHTS

 

機能性と洗練されたデザインが実現する

都会に暮らす人々のためのアウトドアライフ

 

Cape HEIGHTSのAutumn / Winter 2021シーズンは「都会に暮らす人々のためのアウトドアライフ」をテーマにしたコレクションを発表します。

原野、針葉樹、湖、川、焚き火、辺境、鱒釣り、野営…。現代を生きる私たちは、この新しい生活様式の中に今改めてアウトドアライフが必要であると考えています。なぜなら、不安定な社会情勢を背景に、自然の中に身を置く楽しさ、素晴らしさ、豊かさをこれまで以上に実感するからです。その感覚をかつての“Small Is Beautiful”や“Save Energy”に代わって現代の共通言語となった“Sustainablility”という概念が研ぎ澄ませます。そして大気や水、土壌への汚染が少なく、エネルギーを浪費せず、資材を再利用し、量より質を求める社会を土台として、今まぎれもなく自然志向の時代が到来しています。

雄大な自然に囲まれたニューイングランド地方にあるハドソンで創業したCape HEIGHTS。最新作を手掛けるにあたり、今季はアウトドアフィールドで役立つ機能性を軸にした都会的なデザインとは何かを、自然環境に優しいものづくりとは何かを改めて考えました。そこでアイコニックなフリースでは新色のブルーやグリーンを、ダウンウェアではマッシュルーム系のアースカラーを中心としたカラーリングを提案。また、一部のフリースとダウンウェアの素材にはブランドでは初めてとなる環境に配慮したリサイクルポリエステルを採用。こうしたエシカルな素材使いは、創業して間もない1990年、他に先駆けてソーダペットボトルをリサイクル活用して高機能なフリースを作り出したCape HEIGHTSの先取の精神を象徴します。

 

 

アウトドアライフは私たちの身近にあります。高い山へ登らなければ、極地への冒険をしなければ、海外の荒野を目指さなければ、四輪駆動のクルマに乗らなければならないというわけではありません。日常の中でも野外への眼や自然志向の心はじゅうぶんに育てられるものです。ほんのわずかな時間、ほんのわずかな場所に、野外活動の楽しみを見出すこともできるでしょう。だからこそ、アウトドアライフという考えはあくまで自然を身近に持たない、都市に暮らす人々のためのものです。実際に自然に囲まれた場所で暮らす人々にとって自然は、ただあるがままのもの。特別なものではないからです。自然を求めるのは、都会にやむなく暮らす人々であり、心の渇きを覚えている人々です。

 

都会に暮らす人々にとって、小さな自然とのふれあいはとても貴重です。一本の雑草、一羽の花、一尾の魚、一片の雲、一陣の風。そのすべてが価値を持つことになります。コンクリートのビルに囲まれて暮らしながら、残された小さな自然に気を配り、心の中に旅心を掻き立て、わずかな時時を見つけては都心や郊外の自然を求め歩く。それもまた立派なアウトドアライフとい言えるでしょう。たとえ都会の真ん中にいても、心は彼の地の大自然に遊ぶことはできるし、野山や小川に囲まれた暮らし夢を見ることもできる。

 

だからこそ、Cape HEIGHTSのものづくりは機能至上主義であることよりも、その佇まいが洗練されているか、現代的であるかをとても重視するのです。Cape HEIGHTSのAutumn / Winter 2021のコレクションは、そんな気分を求める人々のためにデザインしました。限られた時間と場所の中、野外活動の魅力を理解し、その妙味を味わい、そこに自由の風を感じ取れる人々に、ぜひ最新作を着ていただければと思います。

 

INSTAGRAM  capeheights.jp

OFFICIAL ONLINE STORE  showtell-online.com